タグ「デメリット」が付けられているもの

レーシック手術にはメリットとデメリットがあり、順に紹介して行きます。

レーシック手術を受ける人は近眼の人に多く、しかも極度の近眼の人がこれを受けるケースが多いでしょう。

メリットとしてあげられることは、メガネやコンタクト装着する必要がなく、高い費用が掛かったとしても、長期で考えた場合にコスト安となることで、視界が広くなるということもあります。

民間の保険会社の医療保険の加入があれば、手術費用が給付されることがありますので、保険会社に問い合わせてみると良いです。デメリットとしては手術後の不具合です。

術後コントラストが悪くなったということがあるようで、炎症がひかないということや、失明のリスクもないわけではありません。

でも、レーシックを受ける人は目の悪いことにコンプレックスを持っていたり、不自由を感じているため、この手術を受けるという人が多いでしょう。

そのため重要となるのは経験豊富なクリニックで腕の良い医師に治療を受けることが良いとされます。