サイトに来てくれた人に、再度アプローチする

 サイトに来てくれた人が増えて、売上がそこそこ上がって来たとしましょう。そのサイトに来た人に、リピーターになってもらうには、どうしたらよいだろうか、ということを考えてみたことはありますか?

 サイトでの集客の欠点として、サイトの内容や業種、提供する商品やサービスの内容にもよりますが、一度来たお客さんが、サイトで情報を得ただけでは、購買には結びつかないケースが多い、ということ。

 一見さんのお客さんに何度もアプローチすることにより、見込み客から実際に購買してくれるお客さん、もしくはリピーターに育てる方法として、以下の方法が有効な方法だと思います。

ステップメールにより、情報提供する

 ステップメールというサービスがあるのをご存じでしょうか?

 ステップメールとは、あらかじめ設定しておいたメール内容を、スケジュールごとに配信するシステムのことをいいます。スケジュールは、あらかじめ決めておくことができます。

 ステップメールの使い方としては、たとえば、サイトでステップメールに登録してくれた人に対し、1週間のスケジュールで、「損をしない●●の選び方」といった、自社商品関連の情報提供メールを毎日送信し、自社商品を購入するよう促していく、という方法があります。

 また、購入してくださったお客様に、フォローメールとして活用する、という使い方も手です。こうすることで、一度の売上だけではなく、リピーターになっていただくこと、もしくは口コミを発生させて新たなお客様の獲得につなげることも可能です。

 ただし、この方法は、ホームページにメールアドレスを残してもらう仕組みを作っていかなければいけません。また、内容に気を付けないと、読者の方にいわゆる迷惑メールと思われる可能性もあるので、注意してください。

メールマガジンにより、定期的情報発信

 ステップメールが、自社商品の情報提供や、購入者へのフォローメールで使えるのに対し、メールマガジンはより広い層の人々を対象に、定期的に情報を配信することで、信用性を増すためのものです。

 メールマガジンは、ステップメールより広い層にアプローチすることができる可能性があり、会社とあなたへのブランド力をつけるのに欠かせないものです。そうすることで、リピーターになっていただくことにつながると考えられます。

 メールマガジン発行スタンドを用いれば、その発行スタンドの信用力も利用できますので、まだ信用力のない小さな会社には心強い存在です。

 現在は書店に並ぶ書籍の中にも、メールマガジンが書籍化されたものは多くあります。ステップメールだけでは、こうはいきません。

 起業するなら、将来大きく成長する可能性を見越して、メールマガジンを発行することをおススメいたします。

 メールマガジンの注意点も、ステップメールと共通で、メールアドレスを残してもらう仕組みを作らなければ活用できないことと、迷惑メールにならないよう注意することです。

 信用力を増すために行っていることで、逆に信用を失うことがないようにしてください。

ブログでお客さんのコミュニティを作る

 ブログもウェブサイトの一種なので、自社サイトを持っているのにあえてブログを作る必要があるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 私は、ブログ、ウェブサイトの両方に独自のメリット、デメリットがあり、その両方を利用していくのがベストだ、という考えています。

 ブログのメリットは、更新の度にPING送信という更新通知機能によりアクセスを集めることができることと、コメント欄が常備されているブログサービスやブログシステムがほとんどなので、ブログに来てくれるお客さんとコミュニケーションをとることができ、お客さん同士のコミュニティが作りやすい、ということなのです。

 ブログでも、HTMLで作成したウェブサイトと同じようなSEOをかけて集客する、ということはできますが、現在の検索エンジンはブログを比較的軽視する傾向があるため、更新はあまりしないでSEOをかける、という使い方だと、ブログの持つ可能性は半減します。その代り、更新が頻繁に行われているブログは、かなりのアクセスを集めることができますが。

 更新しないブログを作るくらいだったら、ウェブサイト一本に絞ったほうがよいです。

 お客さんのコミュニティーを作ることができる、というメリットは、商売をする上でとても有益でしょう。ブログを通じてコミュニケーションをとる事により、お客さんにファンになってもらうことができたら、その人はリピーターになってくれる可能性が高いわけですし、口コミでお客さんが増える可能性もあるわけですから。

サイトMENU

Copyright (C) 2008 商用サイトde集客in沖縄.com. All Rights Reserved.