自社サイトに集客する方法を知ろう

 自社サイトにお客さんを集める方法として、どういったものがあるのかを、詳しく見てみましょう。

 自社サイトに集客する方法は、Yahoo!Japan、Googleなどの検索エンジンとは切っても切り離せません。ですので、検索エンジン対策が主な集客方法になります。他にも、ホームページに集客する方法は、ここにも紹介しているRSS配信による集客など、いくつかありますが、検索エンジンでの集客ができないと、サイトの大きな成長は見込めない、と思っていたほうがいいです。

 沖縄県は、おそらくパソコンの所有率は全国でも低いレベルで、「検索エンジンなんて、回りで使っている人はいないよ」なんて思う人もいるかも知れません。ですが、現在でもどんどん保有率は高くなって来ているし、インターネットの普及率がまだまだ高まっていくことは間違いないでしょう。

 インターネットが普及する前、困ったときに、求めている情報を探す媒体として最も有効な手段だったのは、タウンページでした。しかし、現在では、検索がそれに取って代わっています。

 PCでの検索自体、今後携帯での検索に取って替わられるかもしれません。これからPCの検索エンジン対策について学ぶのでは遅いくらいかも知れません。しかし、携帯での検索対策も、PCでの検索対策も、やることの基本は一緒です。今のPCの検索エンジンについてよく知っておくと、携帯検索の将来のゆくえも予測できると思うので、知っておいたほうがよいですよ。

検索エンジンの広告による方法(リスティング広告)

 左上の「Yahoo!Japan検索結果」画像をクリックしてみてください。ブラウザのもう一つの窓が開き、Yahoo!Japanの検索結果の画像を貼り付けたページが現れると思います。

 これは、「沖縄 花屋」というキーワードを、Yahoo!Japanで検索した時に現れる検索結果です。赤枠で囲んだ部分が、Yahoo!Japanが取り扱っているリスティング広告、Yahoo!オーバーチュアです。

 グーグルも、同じようなサービスをやっています。「Google検索結果」をクリックしてみてください。これは、Googleアドワーズという名前です。

 これをクリックした検索者が、広告を出した広告主のサイトに来る、というわけです。

 考えてみてください。ここでは、「沖縄 花屋」というキーワードで検索してきた人が、クリックして、ホームページに訪れてくれるわけですが、この人たちは、「沖縄の花屋さんの情報を知りたい」と思って検索してきているわけです。つまり、お花を沖縄で買いたい、という購入意欲が高いお客さんである可能性が高いわけです。

 そういう、購入意欲が高いお客さんを、選択してサイトに呼び込むことができるのが、このリスティング広告(PPC広告)です。広告をだして、すぐに集客できるので、即効性もあります。

 ただし、リスクがあることも知っておきましょう。PPC広告(※1)は、1クリック当たり○○円、という形で、入札制で、表示の順位が決まります。(※お金を出したほうが上位に来やすく、集客しやすくなる。内容も審査されて、順位は決定されます。)そのため、キーワードによっては、1クリック数百円〜数千円単位まで高騰しているキーワードもあり、商品の単価や、ホームページに来てくれた人の購入率によっては、広告費倒れになってしまう可能性もあるのです。

 ですから、サイトを作るときに、来てくれたお客さんが買ってくれるようなサイト構成になっているように、しっかり考えてサイト構築する必要があります。

検索エンジン上位表示(SEO)による方法

 あなたのサイトがあるキーワードの検索結果で上に来れば、あなたのサイトで扱っている情報を求めている(=購買意欲が高い可能性が強い)お客さんが来てくれるわけですから、検索結果を決定している検索エンジン、Yahoo!JapanやGoogleに評価されるサイトを作ればよい、ということも言えます。

 そこでとる対策が、検索エンジン最適化(SEO)(※2)と呼ばれる対策です。

 上位表示に成功すれば、非常に安定してサイトへのアクセスが流れこんできます。PPC広告での集客が、広告を出している間だけなのに対して、長きにわたって収益につながるサイトにすることができるわけです。

 このSEO対策、一見難しそうに思えるかも知れませんが、実はやるべきことはかなり単純です。

 SEOの基本は、二つだけです。

 一つ目は、サイトの入れるべきところに、上位表示させたいキーワードをきちんと入れること。(これを内部対策といいます。)

 もう一つが、有力なサイトから、リンクしてもらうこと。(これを、外部対策と言います)

 これらを実施するにあたり、いくつかのポイントはありますが、基本的な概念はこの2つです。

 「なんだ、簡単そうだな」と思われるかも知れませんが、ただし、これにもリスクがあります。同じようなサイトが乱立しているようなキーワードでは、それだけ競争が激しくなるので、上位表示できるとは限らないのです。(キーワードによっては、ほとんど上位表示するのが不可能なキーワードもあります。)

 また、検索順位は変動します。とくに、数か月に1回、検索エンジンのアルゴリズムが変わったときには、1位だったサイトがいきなり100位以下になる、なんてこともあります。

商用サイトへのSEOの、おススメの方法

 商用サイトにSEOを施すために、おススメの方法があります。

 それは、サイトができ、内部対策をきちんと行ったら、yahooの有料サービス、「yahooビジネスエクスプレス」に申込み、審査してもらい、yahoo!japanの通称「Yahoo!カテゴリ」に登録してもらうこと。

 Yahoo!Japanに登録されると、いろいろなサイトに相互リンクを申し込んでも、断られることはあまり無くなります。そして、アクセスアップにつながりやすいのです。

SEOの方法、Yahoo!ビジネスエクスプレスに登録することのメリットは、
Yahoo!ビジネスエクスプレスの詳細
を参考にしてください。

(※1)PPC:pay per clickの略で、リスティング広告の別名。広告費が1クリック当たりの単価で決まるため、こう呼ばれることも多い。 (※2)SEO:serch engine optimaizationの略。日本語にすると、検索エンジン最適化といい、検索エンジンで上位表示させるための方法論の総称。

サイトMENU

Copyright (C) 2008 商用サイトde集客in沖縄.com. All Rights Reserved.